日本イオン交換学会について
日本イオン交換学会は、昭和60年にイオン交換研究会(Japan Association of Ion Exchange)として設立されて以来、産・官・学における化学、電気化学、電気、機械、原子力、新エネルギー、医薬、食品、バイオ、 分析等の広範な分野の研究者、技術者の知見を集積し、学術団体として様々に変化する環境、資源、エネルギー等の諸課題に学際的、 業際的な取り組みを行い、社会に貢献することを目的としています。
主な活動内容
イオン交換研究発表会(毎年)
イオン交換セミナー(毎年)
イオン交換国際会議(4年毎)
日本イオン交換学会誌発行
日本イオン交換学会会報発行
福島原発事故に伴う放射性物質の回収プロジェクト
お知らせ
2020年8月24日 日本膜学会より「膜シンポジウム2020」のお知らせが来ました。
(本学会協賛事業)
詳しくは、こちらよりご覧ください。
2020年8月3日 日本溶媒抽出学会より「第39回溶媒抽出討論会」のお知らせが来ました。
(本学会協賛事業)
詳しくは、こちらよりご覧ください。
2020年7月20日 IXE2020は2021年6月30日から7月2日に延期されました。詳しくは、本webページの「国際会議」の中の「IEX」のページをご覧ください。
2020年7月8日 環太平洋国際化学会議(Pacifichem 2020)は、Pacifichem 2021として2021年12月16-21日に米国ハワイ州ホノルル市で開催されることとなりました。
2020年6月25日 2020年10月に開催予定でありました「日本イオン交換学会・日本溶媒抽出学会連合年会(連合年会2020)は、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を考慮し、 2021年度に延期されることとなりました。
2020年5月7日 イオン液体研究会より、「第11回イオン液体討論会」のお知らせが来ました。
(本学会協賛事業)
詳しくは、こちらよりご覧ください。
本シンポジウムは延期されることとなりました。 詳細はイオン液体研究会のウェブサイトにてご確認ください。(7月20日追記)
2020年4月11日 日本ゼオライト学会より、「第36回ゼオライト研究発表会」のお知らせが来ました。
(本学会協賛事業)
詳しくは、こちらよりご覧ください。
2020年3月16日 触媒学会より、「触媒学会第31回キャタリシススクール」のお知らせが来ました。
(本学会協賛事業)
詳しくは、こちらよりご覧ください。
本シンポジウムは延期(詳細検討中)されることとなりました。(8月3日追記)
2020年1月30日 日本無機リン化学会より、「第29回無機リン化学討論会」のお知らせが来ました。
(本学会協賛事業)
詳しくは、こちらよりご覧ください。
2020年1月29日 ホスト-ゲスト・超分子化学研究会より、「第18回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム」のお知らせが来ました。
(本学会協賛事業)
詳しくは、こちらよりご覧ください。
本シンポジウムは延期されることとなりました。 詳細はホスト-ゲスト・超分子化学研究会のウェブサイトにてご確認ください。(4月13日追記)
2013年2月6日 IONICSの1985年10月号(No. 120)に掲載されたイオン交換特集号の復刻版を掲載しました。
JIEのページよりご覧下さい。
2013年2月1日 日本イオン交換学会は、福島第一原子力発電所から排出している放射性物質の回収・固定化処理について、 問題点の提起と解決法に取り組みむため、本学会の基金から研究助成を行いました。
これらの成果報告書は、専用のページからご覧頂けます。

専用のページはこちらです。
事務局
〒113-0033
東京都文京区本郷2-26-11 浜田ビル6階
中西印刷(株)東京営業部内
電話:03-3816-0738 Fax:03-3816-0766
E-mail: member @ jaie.gr.jp(入退会・登録情報等)
           edit @ jaie.gr.jp(学会誌関係)
           office @ jaie.gr.jp(協賛・共催等、その他)
日本イオン交換学会のロゴマークです。
ダウンロードされる方はロゴをクリックして下さい。